Shopifyの料金プラン。販売手数料、もしもの解約方法まで解説

Shopifyの料金プラン。販売手数料、もしもの解約方法まで解説

「これからShopifyでECサイトを開設しようと思っている」
「ECサイト開設にあたり、Shopifyの料金プランを知りたい」
「Shopifyの決済手数料なども把握した上で、導入検討へと踏み切りたい」

本記事はそのような方のための記事です。いま世界で注目され、世界シェアNo.1のECサイト制作プラットフォーム「Shopify」。国内においてもShopifyを利用してのECサイトは年々増えています。
そんなShopifyの導入にあたり、料金プランや販売手数料について知りたい方も多いのではないでしょうか。
そこで本記事では、Shopifyの料金プランについて徹底解説。Shopify Expertsに認定されている弊社が丁寧にお伝えしてまいります。

この記事のポイント

  • Shopifyの料金・費用・決済手数料についてよくわかる
  • Shopifyのプランの決め方がクリアになる
  • 万が一、Shopifyを解約したくなった時の手順もわかる

Shopifyの料金・費用

Shopifyの料金体系表

Shopifyには通常の3つのプランと最上位プランである「Shopify Plus」が用意されています。まずはShopifyの料金体系表をご覧ください。

  ベーシックプラン スタンダードプラン プレミアムプラン Shopify Plus
月額料金 29USドル 79USドル 299USドル 2,000USドル〜
国内発行のカード 3.4% 3.3% 3.25% 3.15%
海外発行のカード/AMEX 3.9% 3.85% 3.8% 3.75%
Shopifyペイメント以外の決済サービスを使用する場合の追加料金 2.0% 1.0% 0.5% 0.15%
スタッフアカウント数 2 5 15 無制限
商品登録可能数 無制限 無制限 無制限 無制限
24時間サポート
無料SSL証明書
カゴ落ち対策
ギフトカード ×
プロフェッショナルレポート ×
高度なレポートビルダー × ×
外部サービスの自動計算送料 × ×

Shopifyはどのプランでも、初期費用はかかりません。また、プランのアップグレードやダウングレードはいつでも変更可能。訪問者数や商品登録数には制限がありません。

ちなみに下記のように、料金を先払いするとディスカウントがかかりお得になります。

  • 1年契約:約10%ディスカウント
  • 2年契約:約20%ディスカウント
  • 3年契約:約25%ディスカウント

また、ShopifyではPOSシステムが使用可能です。実店舗を持っている、または将来的に実店舗を持つ計画をしている人にとっては嬉しい機能といえるでしょう。

Shopify POSの機能はプランによって若干異なりますので、下記の表もあわせて確認してみてください。

Shopify POS プランごとの機能の違い

  ベーシックプラン スタンダードプラン プレミアムプラン
Shopify POSアプリ
レジスタシフト ×
ハードウェア周辺機器のサポート ×
スタッフPOS PIN × 無制限 無制限
サードパーティのPOSアプリ
店舗数 × 1〜5 8まで

ベーシックプラン

ベーシックプランは、月額料金29USドルのライトな料金プラン。ECサイトをこれから始めてみようと思った初心者向けのプランといえるでしょう。
およそ月商500万円ぐらいまでが目安のプランです。オーナーアカウントとは別にスタッフアカウントを2つまで作れるので、サイト運営者が1〜3人程度で回せるぐらいの規模感であればベーシックプランを選択しましょう。

スタンダードプラン

スタンダードプランは、月額料金79USドルのプラン。クレジットカード手数料や取引手数料がベーシックプランよりも低く設定されています。
月商の目安としては、500〜5,000万円ぐらいまで。チームでECサイトを運営していく方はスタンダードプランを選択するとよいでしょう。
また、前述のShopify料金体系表にもあったように、ベーシックプランに「ギフトカード機能」と「プロフェッショナルレポート機能」が追加されます。

ギフトカード機能:ギフトカードを発行・販売できる機能です。
プロフェッショナルレポート機能:下記のようなデータを収集できる機能です。

  • 時間の経過によるお客様数の変化
  • 初めてのお客様とリピーターへの販売の比較
  • 国別のお客様
  • リピーター
  • 一度限り訪問されたお客様

プレミアムプラン

プレミアムプランは、月額料金299USドルのプラン。Shopifyのプランに含まれるすべての機能が利用できます。
月商の目安は5,000万円以上で、ECサイトの運営を6名以上で行う方向けのプランです。プレミアムプランでは、スタンダードプランよりさらに高度なレポートを作れます。
たとえばGoogle広告やその他の流入経路別の分析ができたり、「ロイヤルカスタマー」や「リスクのあるお客様」のレポーティングも可能。
より大人数でマーケティングにも本格的に力を入れていきたい方向けのプランといえるでしょう。
また、クレジットカード手数料・取引手数料がもっとも安く設定されています。

Shopify Plus

Shopify Plusとは、前述したShopifyの3つの通常プランよりもさらに「取引量の多いストアや大企業向けのプラン」。
一般的なカートシステムに比べ、できることの幅が広いShopifyですが、通常プランではできないこともあり、そこをカバーした最上位プランです。
月額費用は、2,000USドル〜となります。
下記にいくつかの、Shopify Plusでしかできないことを列記します。

  1. チェックアウト画面・機能のカスタマイズ
  2. サイトの時限設定(予約反映)
  3. ワークフローの自動化
  4. パーソナライズされたプロモーションの自動表示
  5. 1契約で10サイトまで開設可能

この他にも、通常プランと比較して、Shopify Plusでしかできないことはたくさんあります。詳しくは下記の記事にて紹介していますので、取引量の多いストアを運営される方はあわせてご覧ください。

【関連】Shopify Plusでできること、通常プランや料金比較

約1,000円から手軽に始められるShopifyライトプランとは?

実は、通常の3つのプランよりも安いShopifyライトプランも存在しますので簡単にご紹介します。
「Shopifyライトプラン」はECサイトを構築せず、既存のWebサイト・ブログ、またはSNSにShopifyのカート機能を埋め込み商品を売るためのプランです。
料金は月額9USドル。
Shopifyの他のプランとの大きな違いは、ECサイトそのものを持たず、管理画面のみが使用可能なこと。管理画面側の機能は、他のプランとの違いはなく、Shopifyの標準機能はすべて揃っています。
Shopifyのカート機能のみを利用して、SNS等で商品を販売したいスモールビジネスオーナー様はこちらを検討されてもいいかもしれません。
【関連】ShopifyLiteとは?Shopifyであなたにあったネットショップ開業するためのおすすめプランを徹底解説

Shopifyの決済手数料

Shopifyの決済手数料はプランによって変わりますが、その他にも「クレジットカードの種類」と「決済方法がShopifyペイメントかどうか」によっても変わります。

決済手数料一覧表

  ベーシックプラン スタンダードプラン プレミアムプラン
月額料金 29USドル 79USドル 299USドル
国内発行のカード 3.4% 3.3% 3.25%
海外発行のカード/AMEX 3.9% 3.85% 3.8%
Shopifyペイメント以外の決済サービスを使用する場合の追加料金 2.0% 1.0% 0.5%

Shopifyペイメント利用時の決済手数料

「Shopifyペイメント」とはShopifyが提供する決済手段。
「Shopifyペイメント」に登録することで、各種クレジットカードでの支払いがShopifyを通して可能となるため、他の決済代行アカウントが不要となります。
また、「Apple Pay」や「Google Pay」とも連携でき、購入完了までの手続きが簡単になります。
そして、それぞれの決済手数料は「Shopifyペイメント」のレートが適用されます。「Shopifyペイメント」利用時の手数料は下記の通りです。

  ベーシックプラン スタンダードプラン プレミアムプラン
国内発行のカード 3.4% + ¥0 3.3% + ¥0 3.25% + ¥0
海外発行のカード/AMEX 3.9% + ¥0 3.85% + ¥0 3.8% + ¥0

表をご覧の通り「Shopifyペイメント」を利用すれば、クレジットカードの手数料以外に費用はかかりません。
また、「Shopifyペイメント」以外の決済方法には様々な方法がありますが、代表的なものは「PayPal」や「Amazon Pay」「コンビニ決済(KOMOJU)」などです。

Paypal(ペイパル)利用時の決済手数料

PayPal(ペイパル)はShopifyストアを開設すると初期状態から使うことができる決済サービスです。日本ではまだ利用が少ないですが海外では使用率が高い決済方法のため越境ECでは必須です。

対応ブランド:Visa、MasterCard、American Express、JCB、銀聯など
決済手数料:3.6% + 40円(国内の標準レート:月額取引量で変動)
振込手数料:0円(出金額5万円未満は250円/件)

【関連】PayPal(ペイパル)ならJCBカードも銀行振込もOK!

Amazon Pay利用時の決済手数料

Amazon Payは、Amazonアカウントを利用して決済ができるサービスです。
Amazonアカウントをもつユーザーにとっては、支払い情報の登録や住所入力等がショートカットでき、手軽に買い物ができるようになるので大変便利な決済手段となります。

対応ブランド:Visa、MasterCard、American Express、JCB
決済手数料:4%(デジタルコンテンツ以外)、4.5%(デジタルコンテンツ)
振込手数料:無料

【関連】Shopifyで簡単導入!サイト運営者がオススメする『Amazon Pay』のメリット

携帯キャリア決済利用時の決済手数料

Shopifyでは「携帯キャリア決済」を簡単に導入することができます。携帯キャリア決済とは、商品の購入代金を携帯電話料金とまとめて後払いで支払いができるサービス。日本では、docomo、au、SoftBankで利用ができます。
簡単に決済を行うことができることに加え、クレジットカードを持っていないユーザーにもリーチできるようになります。

コンビニ決済(KOMOJU)

KOMOJUは、Shopifyにコンビニ決済や銀行振込での支払い方法を追加できるサービスです。コンビニ決済は、日本で人気の決済方法の一つ。コンビニ決済を導入後、売上が数十%上がった事例もあるようです。
コンビニ決済の手数料は2.75%。また、KOMOJUはPay-easyやデジタルマネー決済にも使えます。

対応ブランド:JCB、Visa、MasterCard、Diners、American Express
決済手数料:3.6%(Visa、MasterCard)、3.85%(JCB、Diners、American Express)
振込手数料:216円(入金金額が3万円未満のときの日本国内への振込手数料。海外送金は2,500円)

【関連】Shopifyで使える決済サービス比較・設定方法【Shopify Experts認定企業が解説】

Shopifyのプランの選び方

さて、ここまでShopifyの料金についてお伝えしてきましたが、結局のところいったいどのようにプランを決定したらよいのでしょうか?
ここではいくつかの「Shopifyのプランの選び方」をご提案いたします。

プランの選び方1. プランを取引額で決める

1ヶ月のEコマースの取引額で決めるのも一つのプラン選びの方法です。
具体的には下記の通り。

  • ベーシック:月商500万円以下
  • スタンダード:月商5,000万円以下
  • プレミアム:月商5,000万円以上

(すべて国内のクレジットカード決済だった場合で計算)
あくまで参考の数値ですが、一つの基準としてみてください。

プランの選び方2. 運営体制でプランを決める

Shopifyはプランごとに利用できるスタッフアカウント数が異なります。
具体的には下記の通り。

  • ベーシック:2アカウント
  • スタンダード:5アカウント
  • プレミアム:15アカウント

Shopifyでは、アカウントごとにアクセスできる機能に制限をかけることができます。商品管理のみを行うスタッフアカウントや、注文処理のみを行うスタッフアカウントなどの設定が可能。
ECサイトの運営体制を設計したときに、必要なアカウント数からShopifyのプランを決定するのも一つの方法といえそうです。

プランの選び方3. POS機能を中心に考えてプランを決める

実店舗を持っている、または将来的に実店舗を持つ計画をしている人は、POS機能を中心に考えてプランを決めるのもよいかもしれません。
前述の通り、Shopify POSの機能はプランによって若干異なります。
プランごとの機能の違いを再掲します。

Shopify POS プランごとの機能の違い

  ベーシックプラン スタンダードプラン プレミアムプラン
Shopify POSアプリ
レジスタシフト ×
ハードウェア周辺機器のサポート ×
スタッフPOS PIN × 無制限 無制限
サードパーティのPOSアプリ
店舗数 × 1〜5 8まで

表の通りプランによって、利用できる店舗数が異なります。参考にしてみてください。

上記をShopifyのプランを選ぶ参考としていただければと思います。

Shopifyでは、ECビジネスが成長してもプラン変更すればOK

実はShopifyのすごさはここにもあると思っています。他の多くのASPでは、ECビジネスが拡大、つまり顧客が増え、売上が増えると、サーバーやASP自体の乗換えが必要となります。
ビジネスの拡大に伴い、様々な機能追加が必要になるのですが、個別のASPではその機能が用意されていないことが多いからです。
当然ASPの乗り換えに伴い費用や手間(不具合への対応なども含め)が発生してしまいます。
その点、Shopifyはそのような出費や心配は無用。ECビジネスの拡大に合わせてプラン変更をするだけでOK。Shopifyのアプリを活用したり、独自のカスタマイズによって機能追加が可能だからです。
これはECマーチャントにとっては非常に嬉しいことでしょう。
ですので、Shopifyの料金プランは上記を参考に「まずはこれかな?」という感覚で選んでいただいて大丈夫といえます。

その他、Shopifyで料金・費用が発生するもの

その他、Shopifyで料金・費用が発生する可能性のあるものは下記の通りです。

  1. Shopifyテーマ
  2. Shopifyアプリ
  3. Shopify外部決済サービス
  4. Shopifyのカスタマイズ

Shopifyテーマは、無料のものから有料のものまでさまざまなものが用意されております。有料のテーマを選定した場合、費用がかかります。

また、ECサイト運営を効率化したり、顧客にとって便利なさまざまなアプリも豊富なShopify。アプリも無料のものから有料のものまでありますので、料金が発生する可能性があります。

そして、コンビニ決済や分割機能が使えるようになる、GMOイプシロン等を契約した場合、費用が発生します。

その他、カスタマイズを業者に依頼した場合などは費用が発生する可能性があります。

【関連】【2019年最新版】Shopify Experts認定企業オススメのアプリ12選(一覧あり)
【関連】Shopifyで使える決済サービス比較・設定方法【Shopify Experts認定企業が解説】

万一、Shopifyを解約したくなったら?

このセクションでは、Shopifyの解約手順と解約時の請求についてお伝えします。

Shopifyの解約の手順

手順1. ストアオーナーとして、Shopifyにログインします
手順2. 管理画面で [設定] をクリック。[プランと権限] をクリック
手順3. ストアのステータスセクションで、 [ ストアを売却、閉鎖 ]  をクリック
手順4. [ ストアを閉じる ] をクリック
手順5. パスワードを入力します
手順6. ドロップダウンメニューから理由を選択し、[ストアを閉じる] をクリック

これでShopifyの解約手順は終了です。
ShopifyストアのURLに移動し、ストアが表示されなくなっていれば解約されています。

Shopifyの解約時の請求について

アカウントに未払いが残っている場合は、未払い料金を支払う必要があります。アカウントに未払いがない場合には、Shopify解約時の請求はありません。
しかし、Shopifyストア運営の際に利用していたサブスクリプション型のアプリや、Shopify以外の外部サービスがある場合は、別途請求されないように手続きをする必要があります。

【まとめ】Shopifyの料金・費用を知って最適なプランを選びましょう

本記事ではShopifyの料金についてご紹介してきました。

この記事の要点まとめ

  • Shopifyは主に3つのプランがある(その他、ライトプランや最上位プランもある)
  • プランの選び方はECサイト・ビジネスの現状や規模、運営体制によって決めると良い
  • その他、Shopifyテーマ・アプリなど、料金が発生するものもあり、万一Shopify解約の時には、こちらの解約手続きも必要

世界中で支持されているShopifyが日本でも勢力を拡大。日本のECサイト作成のシェア構図が大きく塗り替わりつつあります。
Shopifyはまず2週間無料で体験できるので、本記事を参考にさっそく始めてみましょう。

※この記事は2020年2月時点の内容です。今後のアップデートやShopifyの仕様変更等により、記事の内容どおりに設定ができない場合があります。

コマースメディア株式会社

国内3社目のShopifyエキスパートとして、サイトの制作・運営・物流までワンストップでサービスを展開しています。
お問い合わせ・ご相談はこちらまで