【2022年版】今、注目のYCA広告の配信方法解説。Yahoo!ショッピング、PayPayモール出店者向け

【2022年版】今、注目のYCA広告の配信方法解説。Yahoo!ショッピング、PayPayモール出店者向け

YCA( Yahoo! Commerce Ads)とは

YCA(Yahoo! Commerce Ads)は下記サイトに配信されるクリック課金型のディスプレイ広告になり、Yahoo!内の行動データに基づいてセグメントを切って配信することが可能です。また、YCAはYahoo!ショッピングやPayPayモール出店者以外も出稿できる広告です。モール出店者以外の広告配信に関しては詳細が異なり、本記事ではモール出店者向けの配信方法に関しての解説となります。

配信先

  • Yahoo!ショッピング
  • PayPayモール ※PayPayモールドメインのみ配信可能
  • ズバトク
  • ロハコ
  • PayPay銀行

YCAでは上記の通りYahoo!ショッピングやPayPayモール以外にも広告を露出することができますが、本記事ではYahoo!ショッピング・PayPayモールへの広告配信手順を解説します。

※本記事は2022年2月初旬に作成しております。今後のアップデートにより一部内容が異なる場合がありますのでご了承ください。

YCAの出稿手順

YCAの出稿手順は下記の通りとなり、一部の作業はYahoo!内部で行ってもらう必要があるので担当ECCと協力して出稿を進めていく形となります。

  1. アカウント作成
  2. コンバージョンタグの設定・設置依頼
  3. 入金設定
  4. オーディエンスリストの作成・接続依頼
  5. キャンペーンの作成

①Yahoo!広告アカウントの作成

YCAはストアクリエイターズPROでは無くYahoo!広告のアカウントでの設定が必要となります。そのため、まずはYahoo!ディスプレイ広告のアカウントの作成が必要となります。

Yahoo!広告アカウントに関してはこちら ※アカウント作成は管理者アカウントのみ可能

②コンバージョンタグの設定・設置依頼

コンバージョンタグとはYCAがどれくらい成果につながったかを測定する為のコードです。このコンバージョンタグはYahoo!広告の管理画面で作成し、ECC経由で店舗に設置してもらう形になります。

YCA_1YCA_2コンバージョンタグはYahoo!広告管理画面の「ツール>コンバージョン測定>コンバージョン設定」から作成します。管理画面上に設定したコンバージョンが現れるので「タグを表示」をクリックしコンバージョン測定タグをコピーします。

YCA_3また、コンバージョンタグ以外にも下記情報をECCに共有する必要があり、コンバージョンタグの設置には5営業日〜10営業日ほどかかる場合があります。時期を正確に把握したい場合は、設置作業依頼後に担当ECCに確認をお願いいたします。

▽その他必要情報

  • 計測対象ストアID(お客様管理番号)
  • ストア名
  • Yahoo!広告 ディスプレイ広告(運用型)アカウントID
アカウントIDについてはこちら

③入金設定

次に広告の費用を支払うために入金の設定を行います。「ツール>入金管理」から振込先銀行口座かクレジットカード情報の登録を行います。YCAの料金は前払い式となり、入金されている料金から支払われます。継続的に利用する場合はクレジットカードでの支払いで、自動入金機能を利用すると入金の手間が減るのでおすすめです。YCA_4

④オーディエンスリストの作成・接続依頼

次にオーディエンスリストの設定を行います。オーディエンスリストは配信データを保存する場所の様なイメージで、行動データのセグメント毎に作成する必要があります。一般的には「訪問リターゲティング」や「競合閲覧」、「特定のキーワードで検索したユーザー」などがありますが、どういったセグメントが可能なのかECCに確認して必要な数のオーディエンスリストを作成しましょう。

オーディエンスリストの作成は、「ツール>オーディエンスリスト>オーディエンスリストの作成>カスタム」から設定が可能です。YCA_5

YCA_6オーディエンスリスト名は任意で決めることが出来ますが、分かりやすくセグメントの内容で設定することがおすすめです。連携データの有効期間に関しては60日を選択してください。

YCA_7リスト作成後はYahoo!の行動データとの連携が必要となりますので、ECCにオーディエンスリストIDを共有し接続の依頼をしましょう。こちらの連携も5営業日〜10営業日の期間が必要となります。

⑤キャンペーンの作成

YCA_8最後にキャンペーンを作成し、バナーを入稿する事で配信が開始されます。キャンペーンの作成はYahoo!ディスプレイ広告TOPのキャンペーン作成をクリックし、キャンペーン目的は「コンバージョン」、キャンペーン掲載タイプは「eコマース」を選択します。

その後、キャンペーン設定と広告グループ設定の画面に移行するので必要項目の設定をします。

YCA_9設定の注意点となりますが、キャンペーン設定で「入札戦略」を自動入札にし目標値を設定する場合、コンバージョン単価の目標値が低すぎると配信されない場合があり、手動入札を選択した場合はクリック課金金額(CPC)を低く設定しすぎると配信されない原因となる可能性があります。

YCA_10広告グループの設定は様々な項目が任意で設定可能になってますが、広告の配信は作成したオーディエンスリストに対して行うので「オーディエンスカテゴリー」で「オーディエンスカテゴリーを指定して配信」を選択し、作成したオーディエンスリストを1つ選択しましょう。

オーディエンスリスト毎に効果を測定するためには、1広告グループに対して1オーディエンスリストの選択とする必要があり、オーディエンスリストを何個か作成した場合、その数だけ広告グループの作成が必要となります。YCA_FIX

最後に広告画像の登録となりますが、YCAをモール内に絞って配信する場合入稿できる画像サイズが下記のように制限されます。

  • 300×250:バナー広告
  • 728×90:バナー広告
  • 320×100:バナー広告
  • 1200×628:レスポンシブ広告

広告の登録が完了すると審査が始まり、問題がなければ1営業日から3営業日ほどで配信が開始されます。配信まで多くの手順が必要となりますが、一度配信できるようになれば流れはつかめると思いますので、一度挑戦してみてはいかがでしょうか。

コマースメディアではYahoo!ショッピング、PayPayモールのコンサルティングおよび広告運用をお受けしてます。ご依頼をご希望される方はお問い合わせいただけると幸いです。
お問い合わせはこちら

コマースメディア株式会社

国内3社目のShopifyエキスパートとして、サイトの制作・運営・物流までワンストップでサービスを展開しています。
お問い合わせ・ご相談はこちらまで

積極採用実施中!詳しくはこちら
積極採用実施中!詳しくはこちら