JCBがついにShopifyペイメントに対応!POSも日本で使えるように。Shopify プレスリリースまとめ

JCBがついにShopifyペイメントに対応!POSも日本で使えるように。Shopify プレスリリースまとめ

2020年9月29日、Shopifyがコロナ禍で変化する日本独自の消費行動に対応し、POSや新たな決済手段など様々な新機能の提供を順次開始すると発表しました。本稿ではShopifyのプレスリリース記事を基に、Shopifyストアを運営する方々にとって特に重要な内容を要約しました。

実店舗とネットショップを連携させるShopify POSを日本で提供開始

Shopify POSは、POS(Point of sale:販売時点情報管理)アプリを使って実店舗やポップアップショップとネットショップを連携し、在庫や売上を一元管理を実現する機能です。商品検索、注文処理、支払い回収、レシート発行、そしてそれらすべてのコントロールをタブレットなどのモバイル機器で行うことが可能です。2020年5月にグローバルでローンチされた最新のShopify POSが、日本でも本格的に利用できるようになります。さらに実店舗を持ち、Shopify POSを利用する事業者はPOS連携可能なポイントアプリの利用も可能となります。ネットショップと実店舗に導入でき、既存顧客のロイヤリティを高める日本でも馴染みのある形式のポイントシステムが利用できます。

Shopify ペイメントがJCB(ジェーシービー)カード決済に対応

Shopify ペイメントのカード決済に、新たに日本で1億以上の会員の方に利用され、国内最大級の加盟店ネットワークを構築・維持する「ジェーシービー(JCB)」が追加されます。JCBの追加を待ち望んでいた事業者は多く、それはそのまま顧客の利便性の向上にも繋がります。日本でShopifyストアを運営する上で障壁の1つとなっていたJCBの未対応が解決されることにより、今後ますます日本の事業社のShopify参入が加速するはずです。

PayPay(ペイペイ)も利用可能に!

SBペイメントサービス株式会社のオンライン決済サービスを導入することで、 ネットショップで「PayPay」を決済方法の1つとして新たに利用することが可能となります。なお、同決済サービスを導入することで、「楽天ペイ」の利用も可能です。

既存サイトからShopifyストアへの移行を実現する新サービス

海外では複数のシステムからShopifyへの移行ツールが提供されていましたが、今回、日本でもBASE(ベイス)からShopifyへの移行ツール(アプリ)が提供開始されました。このツールを使用することで、BASEのサイトから商品情報・カテゴリー情報・注文情報を簡単に移行できるため、技術的な知識や追加のリソースの必要性がなくなり、プラットフォーム乗り替えの煩雑な作業が軽減されます。

事業者の成長に役立つ、Shopifyの機能やサービス提供を強化

  • フルフィルメントサービス「Fulfillment by ZOZO」との連携
    事業者は「ZOZOTOWN」と自社ECサイトでの受注・在庫・出荷をシームレスに管理することが可能になります。また、既存のZOZOTOWN出店事業者は、Shopifyでネットショップを構築する場合、在庫や出荷の一元管理により、スピーディなサイト構築が期待できます。
  • 複数の海外ドメインに対応
    地域や国に基づいて複数のサブドメインを持つことができるようになるため、 越境販売を行う事業者にとって、より購買につながるショップの構築が可能となります。
  • Scratch Photosアプリ
    最先端のAI技術を駆使して商品画像の背景をワンタップで削除できるアプリをApp StoreおよびGoogle Playにてリリースしました。
  • テーマエディタの高速化
    オンラインストアのテンプレートを編集できるテーマエディタが高速化し、よりスムーズなストア構築を可能になります。さらにモバイル端末からの編集も改善されます。

Shopifyからのプレスリリースには他にもEC構築・運営の人材育成プログラムの提供について、オンラインストアの構築に関する講座の開設等についても発表されています。詳細はプレスリリースにてご確認ください。

Shopify プレススリース
【DX(デジタルトランスフォメーション)支援で急成長中の Shopifyが個人・中小企業も活用できる 様々な新機能の提供開始】

コマースメディア株式会社

国内3社目のShopifyエキスパートとして、サイトの制作・運営・物流までワンストップでサービスを展開しています。
お問い合わせ・ご相談はこちらまで