【初心者向け】Shopifyでのweb広告のタグ設定や効果計測方法を徹底解説

【初心者向け】Shopifyでのweb広告のタグ設定や効果計測方法を徹底解説

「Shopifyで制作したECサイトにWeb広告で新規顧客獲得を行っていきたい」

「配信するWeb広告は決まったけど、具体的なタグの設定が分からない」

「手順を追って、具体的なタグの設定方法を教えてほしい」

本記事はそんな方向けの記事です。
前回の記事では、主要なWeb広告のShopifyでの配信手順は説明しましたが、
本記事ではさらに一歩進んで、各Web広告のタグの設定方法を説明していきます。

【この記事のポイント】

ShopifyでのWeb広告のタグ設定方法がわかる

ShopifyでGTMを使用したタグ設定方法がわかる

GTMで設定したタグが発火しているかの確認方法がわかる

以上3つの記事をご紹介します。

ぜひ本記事を参考に、Shopifyと各Web広告の設定を済ませ、集客施策を強化してください。

Web広告の運用で使われるタグとは?

Web広告(リスティング広告、SNS広告など)では、広告運用に必要なタグは2つあります。

  • コンバージョンタグ
  • リターゲティングタグ

各タグをはそれぞれ下記のような用途で使われます。

コンバージョンタグ

Web広告の成果を計測するためのタグ。 Web広告でサイトにアクセスしたユーザーのコンバージョン数(Web上で設定している成果地点:資料請求、お問い合わせなど)を計測するために、コンバージョン地点となるサンクスページ(購入完了画面)などに張り付けます。

リターゲティングタグ

リターゲティング(サイトに訪れたユーザーを追跡して広告を出す手法)を行うためのタグ。Google広告では「リマーケティング」と呼びますが、名称が違うだけで手法は同じです。基本的にWebサイトの全ページにタグを貼り付けます。

この2つのタグは、広告運用での成果測定や向上のために必ず設定が必要になります。
それでは、この2つのタグの設定方法を説明していきたいと思います。
まずは、Shopifyと連携ができるGoogle広告とFacebook広告から説明していきます。

Shopifyと連携できる広告(Google広告、Facebook広告)のタグ設定

前回の記事でも説明しましたが、Shopifyと連携ができる広告は現在「Google広告」「Facebook広告(Instagram広告)」の2つで、比較的容易にタグ設定が行えます。

まずは、Google広告から説明していきます。

Google広告

コンバージョンタグの設置方法
Google広告のコンバージョンタグの設定方法は、前回の記事で図ありで説明しているのでぜひ参照してみてください。

【初心者向け】ShopifyでのWeb広告配信手順を徹底解説!

グローバルサイトタグ(旧リマーケティングタグ)の設置方法

Shopifyにグローバルサイトタグを追加するには2つの方法があります。
・テーマコードを編集(こちらの編集方法はShopify公式リファレンスをご確認ください)
・Googleタグマネージャーにて設定

Googleタグマネージャーで設定することで、他のWeb広告のタグと一緒に管理でき、管理工数の削減などに繋がるメリットがあるので弊社側では推奨しています。

Facebook広告

Facebook広告は少し特殊で「コンバージョンタグ」「リターゲティングタグ」と分かれておらず、「Facebookピクセル」というタグを設置するだけで「コンバージョンタグ」「リターゲティングタグ」を設置したことと同じ意味となります。

Facebookピクセルの設置方法
Facebookピクセルの設定方法は、前回の記事で図ありで説明しているのでぜひ参照してみてください。

【初心者向け】ShopifyでのWeb広告配信手順を徹底解説!

上記以外のWeb広告のタグ設定

続いて、Shopifyと連携ができないWeb広告(Twitter広告、LINE広告など)のタグ設定を説明していきます。

これらのWeb広告のタグを設定するにはGoogleタグマネージャー(GTM)を使用していきます。
※ShopifyでGoogleタグマネージャーを設定する方法は以下の記事を参照してみてください。

【初心者向け】ShopifyでのWeb広告配信手順を徹底解説!

まずは、各広告の広告管理画面から「コンバージョンタグ」「リターゲティングタグ」を発行し、コピペします。

その後、Googleタグマネージャーに設定していくのですが、
設定は図と一緒に紹介していきます。まずは「コンバージョンタグ」から説明していきます。

「コンバージョンタグ」の設定

(1)Googleタグマネージャーログイン後に画面左のメニューから「タグ」を選択し、右上の「新規」をクリックします。



 

(2)「タグの設定」の枠内をクリックすると、どのタグを設定するのか選択する画面に移行するので、「カスタムHTML」を選択します。



 

(3)「HTML」の枠にコピペした「リターゲティングタグ」もしくは「コンバージョンタグ」を貼り付けます。(タグの出し分けは「トリガー」側で設定します。後ほど説明します。)



 

また、追加の際、必ず「document.write をサポートする」にはチェックを入れてください。チェックを入れ忘れると、タグが正常に動作しない可能性があります。



続いて、「トリガー」の設定を行っていきますので、一旦名前をつけて右上の「保存」を押してください。

コンバージョンの「トリガー」設定方法

続いて、「コンバージョンタグ」を機能させるための「トリガー」設定を説明していきます。「コンバージョンタグ」は、基本的にコンバージョン地点となるサンクスページで機能する必要があるため、「サンクスページ」のトリガーを作成する必要があります。

(1)画面左のメニューから「トリガー」を選択し、右上の「新規」をクリックします。



 

(2)次の画面で、トリガータイプを選択するので、「ページビュー」をクリックします。



 

(3)「一部のページビュー」を選択すると、条件入力窓が出現するので、
左から「Page URL」「含む」「該当のサンクスページURL※」を入力しましょう。

※ShopifyサイトでのサンクスページURL 入力例 https://●●●.com/A/checkouts/B/thank_you

上記が実際にShopifyで制作したサイトのサンクスページのURL例となります。

「/A/」「/B/」の箇所は商品購入ごとに動的に変更され、「/checkouts/」と「/thank_you」は商品購入ごとに変更されない箇所です。

「/checkouts/」と「/thank_you」どちらを「トリガー」として設定するかですが、「/thank_you」を上記の「該当のサンクスページURL」に設定しましょう。

なぜなら「/thank_you」は最終ページである購入完了画面のみでしか使われないのですが、「/checkouts/」は、前のページの住所入力や支払い方法選択のページでも使われるためです。



 

(4)入力が完了したら右上の「保存」をクリックし、先程保存したコンバージョンタグに紐づけます。

先程保存したタグを選択し、「トリガー」をクリック。



 

(5)トリガーの一覧が表示されるので作成したサンクスページのトリガーを選択。



 

(6)最終確認し、問題なければ、右上の「保存」をクリック。



以上で、コンバージョンタグの設定は完了です。

設定が完了したら 続いて、「リターゲティング」の設定方法を紹介していきます。

「リターゲティングタグ」の設定

「リターゲティングタグ」の設定の流れは、「コンバージョンタグ」の設定の流れ(1)~(6)と同じで、違う点は「カスタムHTML」に入れるタグが「リターゲティングタグ」というだけですので、設定方法は上記の「コンバージョンタグ」の設定を参照してください。

リターゲティングの「トリガー」を設定

続いて、「リターゲティングタグ」を機能させるための「トリガー」設定を説明していきます。リターゲティングタグは全ページで機能する必要があるため、今回は全ページのページビューを「トリガー」とします。

(1)「リターゲティングタグ」をカスタムHTMLで作成後に「トリガー」をクリック。



 

(2)トリガーの一覧が表示されるので「All pages」を選択。


(3)最終確認し、問題なければ、右上の「保存」をクリック。

以上で「リターゲティングタグ」の設定が完了です。

タグが正しく発火できているかを確認

最後の正常にタグが動いているか(発火しているか)を確認をしましょう。

タグが正しく動いているかどうかチェックするためには、2つ方法があります。

(1)Google Chromeの拡張機能「Tag Assistant」を使用
(2)Googleタグマネージャーのプレビュー機能を使用

今回は(2)Googleタグマネージャーのプレビュー機能を使用してタグ設置を確認していきたいと思います。

(1)管理画面上の「プレビュー」のボタンをクリック



 

(2)同じブラウザ上でタグ設置をした確認したいサイト(ページ)へ移動



 

(3)ページ下部のデバッグ画面で設定したタグが発火しているか確認


Tags Fired On This Page・・・発火したタグ
Tags Not Fired On This Page・・・発火していないタグ



【要点まとめ】Shopifyでのweb広告のタグ設定について

本記事では、ShopifyでのWeb広告のタグ設定についてご説明してきました。

【この記事の要点まとめ】

  • 広告運用に必要なタグは「コンバージョンタグ」「リターゲティング」の2つ
  • Google広告とFacebook広告以外のWeb広告のタグはGTMで設定できる
  • 設定したタグが正常に動いているか確認

本記事を参考に、ShopifyでWeb広告のタグ設定を行ってみてください。 また、外注にてWeb広告の配信をご検討の方は、国内3社目のShopify Expertsに認定された弊社にご相談ください。

※この記事は2020年8月時点の内容です。今後のアップデートやShopifyの仕様変更等により、記事の内容どおりに設定できない場合があります。

コマースメディア株式会社

国内3社目のShopifyエキスパートとして、サイトの制作・運営・物流までワンストップでサービスを展開しています。
お問い合わせ・ご相談はこちらまで