ShopifyでGoogleショッピング広告を配信する方法を解説

ShopifyでGoogleショッピング広告を配信する方法を解説

「Shopifyで制作したECサイトの売上を上げるためにGoogleショッピング広告を配信したい」
「Googleショッピング広告の具体的な設定方法が分からない」
「手順を追って、具体的な設定方法を教えてほしい」

本記事はそのような方のための記事です。ECサイトのプロモーションを行っていくのに「Googleショッピング広告」は欠かすことできない手法です。しかし、設定方法が分からない、何を準備すればいいのなどのご相談をよくいただきます。
成果が出やすい広告なのに配信方法が分からないから配信していないのは勿体ないですよね。
Shopifyを使われている皆様がなるべく簡単に「Googleショッピング広告」を始められるようにできるだけ丁寧に解説していきます。

本記事では【導入編】と【設定編】に分けてご紹介いたします。
ぜひ記事を参考に、ShopifyでのGoogleショッピング広告の配信準備を始めてください。

【導入編】Googleショッピング広告とは?

Googleショッピング広告(以前は商品リスト広告という名称)とは、Google 広告の広告メニューの1つで、ユーザーが検索したキーワードと関連性の高い商品情報を検索結果などに広告として表示することができます。まさにECに特化した広告と言えるでしょう。

通常の検索広告とは違い、 ①商品名 ②商品の写真 ③商品の価格 を表示することでき、商品を視覚的に訴求できるのが大きな特徴です。通常の検索広告と同時に配信することで、より多くの見込み客に商品を訴求することが可能になります。

Googleショッピング広告の配信に必要なもの

Shopifyで「Googleショッピング広告」を配信するために用意するのは以下の2つです。 ※Google広告はすでに準備されていることを前提にしています。

・Google channel(Shopifyアプリ)
・Google Merchant Center

それでは、この2つの説明と準備方法を説明していきます

Google channel(Shopifyアプリ)の説明と準備方法

Google channelとは

Google channel(旧:Google Shopping)とは、Shopify純正のアプリのことです。このアプリをShopifyにインストールすることで、Google Merchant CenterとShopify内の商品データを同期することができます。Merchant Centerと商品データを同期できると、その商品データをGoogle広告に利用することができます。

Google channelのインストール方法

(1)Shopifyの管理画面からShopify app storeにアクセス
(2)検索窓があるので「Google」と検索
(3)「Google channel」が表示されるのでクリック
(4)アプリをダウンロード

続いて、Google Merchant Centerを用意していきます。

Google Merchant Centerの説明と準備方法

Google Merchant Centerとは

Google Merchant Centerとは、Googleのサービスの1つで商品情報を管理できるツールです。また、Google Merchant Centerに商品を登録することで「Googleショッピング」に商品を掲載することも可能です。

Google Merchant Centerの登録方法

(1)「Google Merchant Center」のサイトで、右上のログインボタンを押し「 Google Merchant Center にログイン」を選択※既存のGoogle アカウント、もしくは新しく作成した Google アカウントでログインしてください

(2)ビジネス名(サービス名)やビジネスを行う国、チェックアウト先、使用しているツールなどの情報を入力します。※このページで入力する情報は、いつでも変更可能です。

(3)利用規約に同意し、「アカウントを作成する」を押して次の画面に進みます。

(4)これでGoogle Merchant Center のアカウントの作成は完了です。

以上で、「Googleショッピング広告」を配信するために必要なもの準備は揃いました。

【設定編】ShopifyでGoogleショッピング広告を配信する方法を解説

次は、実際に配信するためのShopify、Google側の具体的な設定、連携方法を説明していきます。

【設定編のポイント】
ショッピング広告を配信するためのShopify側の設定がわかる
ショッピング広告を配信するためのGoogle Merchant Center側の設定がわかる
ショッピング広告を配信するためのGoogle広告側の設定がわかる
Shopifyでスマートショッピング広告を配信する設定がわかる

以上4つをご紹介していきます。

最後にスマートショッピング広告をShopify側で設定する方法や、配信後の注意点も説明いたしますので、ぜひShopifyでのGoogleショッピング広告の配信を行ってみてください。

Google channelの設定方法

(1)Shopifyの管理画面の左メニュー下にある「Google」をクリック後、画面中央の「Googleアカウントを連携する」をクリック

※アプリをインストールしたら左メニュー下に出現します


(2)Shopifyと連携するGoogleアカウントを選択する画面に遷移するので、連携したい「Google Merchant Center」「Google広告」アカウントが紐付いているGoogleアカウントを選択してください。

(3)色々なデータをGoogleから持ってきて連携しますという内容が表示されるので「許可」をクリック

(4)キャプチャのような画面に遷移するので、画面下にある「ストア要件」で運営するサイトが条件を満たしているかを確認。問題なければ各項目をクリックし「確認」を選択。 当てはまっていない項目がある場合は、先にその対応を進めましょう。


(5)上部メニュー左にある「設定」をクリック


(6)「Shopify」と「Google Merchant Center」と「Google広告」の連携 「Google Merchant Center」と「Google広告」をShopifyと連携する項目があるので、それぞれ該当のアカウントを連携


(7)商品フィードの設定
画面下部にある「商品フィードの設定」に広告配信の対象となる国、言語と配送設定を設定する。 対象となる国が日本の場合は、「対象国」:Japan 「言語」:Japaneseを選択。配送設定に関しては、Shopify側で送料を設定している場合は「配送設定を自動的にインポートする」、アプリ側で送料を設定している場合は「手動でGoogle Merchant Centerの配送設定を行う」を選択。(アプリ側で送料を設定しているに関わらず、自動を選択するとエラーになることがあります。)


(8)さらに下にある「商品の設定」の設定は、デフォルトのまま(SEOの商品名(推奨)で問題ないです。

Google Merchant Centerの設定方法

(1)開設したGoogle Merchant Centerにログインし、キャプチャの赤枠の「続行」をクリック※し、遷移した画面でGoogleショッピング広告配信に必要な情報である「送料を設定」「商品データを追加」「ウェブサイト URL の所有権の確認と申請を行う」「アカウントをリンク」をそれぞれ入力。ちなみに日本国内に広告配信する際は「税金」を設定しなくて大丈夫です。
※「右上のスパナマーク」 → 「Googleに掲載」でも入力画面に辿り着けます。


(2)ウェブサイトURLの所有権の確認と申請を行う 「送料を設定」「商品データを追加」に関しては、Shopifyと連携したことで基本的には入力が不要なので、ウェブサイトURLの所有権の確認と申請を行っていきます。
※「送料」に関しては、Shopify側で「手動でGoogle Merchant Centerの配送設定を行う」を選択している場合は、入力必須なのでご注意ください。


(3)「ウェブサイトのURL」に、該当のウェブサイトのURLを入力して「保存」をクリック。


(4)次のステップでは、Google Merchant Centerの所有者とウェブサイトの所有者が一致していることを証明する必要があります。それぞれクリックすると手順が表示されるのでやりやすい方法を選んで所有者確認を進めましょう。


(5)Google Merchant CenterとGoogle広告を連携
Google Merchant CenterとGoogle広告を連携していきます。
「右上のスパナマーク」 → 「リンク アカウント」をクリック。キャプチャのような画面に遷移するので、該当のGoogle広告アカウントを選択できているかを確認し、問題なければ「リンク」をクリック。Google広告にGoogle Merchant Centerとのリンクリクエストが送られます。


(6)商品が正常に登録されているかを確認
Google Merchant CenterにShopifyから正常に商品が送られているかを確認しましょう。 左メニュー「商品」→「診断」をクリック。キャプチャのようなグラフがあるページに遷移します。このグラフには承認された商品数、保留となっている商品数、不承認となった商品数などが表示されます。


エラーや警告がある場合は、グラフの下に具体的なエラー・警告内容が一覧で並びます。赤色の「!マーク」は「不承認」で、黄色の「⚠マーク」は「警告」を表しています。まずは不承認である赤色の「!マーク」を優先的に修正していきましょう。「警告」の修正は必須ではないのですが、内容によっては広告成果にも影響を及ぼす可能性があるので、可能な限り修正していきましょう。

Google広告の設定方法

(1)Google広告の管理画面にログインし、右上の「ツールと設定」→「リンクアカウント」をクリック。


(2)Google広告と連携できるツール一覧が並んでいるので、「Google Merchant Center」の「詳細」をクリック


(3)リンクリクエストが届いているので「詳細を表示」をクリック


(4)リクエストの詳細が表示されるので「承認」をクリック

以上で、Google広告とGoogle Merchant Centerのリンクが完了しました。

ショッピング広告の配信設定

最後にショッピング広告キャンペーンの作成について説明していきたいと思います。Google広告では、2つのタイプのショッピング広告を作成することができます。

・通常のショッピングキャンペーン
・スマートショッピングキャンペーン

スマートショッピングキャンペーンとは、ショッピング広告とGoogleリマーケティング広告が組み合わさり、「コンバージョン数の最大化」や「目標費用対効果(ROAS)」など指定した目標を基準にパフォーマンスを最適化できる完全自動化のショッピング広告です。

通常は、Google広告の管理画面から上記のキャンペーンを作成するのですが、Shopifyの場合だと「スマートショッピングキャンペーン」をShopifyの管理画面から作成することが可能です。

今回は、Shopifyの管理画面から「スマートショッピングキャンペーン」を作成する手順を説明していきます。

※上記で説明した全ツールの連携や設定が全て完了している前提での説明です。

Shopifyでのスマートショッピングキャンペーンの設定方法

(1)Shopifyの管理画面の左メニュー下にある「Google」をクリック後、「マーケティング」の「スマートショッピングキャンペーン」の「キャンペーンの作成」をクリック。


(2)「アクティビティの名前(Shopify側に表示される名前)」と「Budget(広告の日予算)」を入力する画面に繊維するのでそれぞれ適切な内容を入力して「予約」をクリック。
「アクティビティの名前」はGoogle広告側に表示される名前ではないので、自由に入力して問題ありません。 「Budget」もGoogle広告側であとで変更できるので変に考えず設定して問題ありません。


(3)設定がすべて完了すると下記のキャプチャのような画面に遷移します。(今回、弊社では「アクティビティの名前」を「テスト」と設定しています。


(4)Shopify側の設定は完了したので、次はGoogle広告に移動してスマートショッピングキャンペーンが正常に作成できているかを確認しましょう。


キャンペーン名が上記のような英語表記になっているので、任意の名前に変更しましょう。

※キャプチャはキャンペーンOFFになっていますが、shopifyから作成後すぐは、キャンペーンONになっているのでご注意ください。


以上で、Shopifyからスマートショッピングを作成する手順の説明は終わりなのですが、スマートショッピングキャンペーン配信後の注意点をお伝えできればと思います。

 

スマートショッピング広告の注意点

結論から申しますと、 スマートショッピング広告は、目標の設定が上手くいかないと配信から2~3日程度で表示回数が激減していき、ほぼ広告が表示されなくなってしまいます。
これはスマートショッピング広告の入札方式が完全自動という部分が影響しています。 スマートショッピングは前述しましたが、「コンバージョン数の最大化」や「目標費用対効果(ROAS)」など指定した目標を基準にパフォーマンスを最適化できる完全自動化のショッピング広告です。
この説明だけ見れば、Googleの機械学習によってかなり成果が良くなるように最適化配信をしてくれるのではないかと思うのではないでしょうか。
しかし、機械学習は十分なデータがあってはじめて上手く働いていきます。 スマートショッピング広告の場合は、目標の設定(目標ROASなど)をそのアカウントに合った数値にしないとGoogleが目標達成できないと判断し、広告表示を減らしていきます。
しかも厄介なことに、目標を再設定してもなかなか広告表示が戻ってきません。(ちなみにGoogle側では目標ROASを設定する場合、最低200%以上を推奨しているとのことです。)
この対応策として、スマートショッピングキャンペーンと同時に通常のショッピングキャンペーンを作成することをおすすめします。 スマートショッピングキャンペーンの目標設定が上手く行かず、広告表示が激減した際には、通常のショッピングキャンペーンに切り替えて「拡張クリック単価」でしばらく運用し、運用データを貯めてみてください。
運用データが溜まった際に再度スマートショッピングキャンペーンにチャレンジしてみましょう。

【要点まとめ】ShopifyでのGoogleショッピング広告の導入・設定について

本記事では、Shopifyでショッピング広告を導入・配信するための具体的な設定についてご説明してきました。

 

【この記事の要点まとめ】

・連携手順や方法がしっかり分かれば、ショッピング広告の配信まではそこまで難しくない
・Shopify側でもスマートショッピングキャンペーンは設定できる
・スマートショッピングキャンペーンのみだと広告配信が弱まる可能性がある

本記事を参考に、ShopifyでGoogleショッピング広告の配信を行ってみてください。 また、外注にてWeb広告の配信をご検討の方は、国内3社目のShopify Expertsに認定された弊社にご相談ください。

※この記事は2020年9月時点の内容です。今後のアップデートやShopifyの仕様変更等により、記事の内容どおりに設定できない場合があります。

コマースメディア株式会社

国内3社目のShopifyエキスパートとして、サイトの制作・運営・物流までワンストップでサービスを展開しています。
お問い合わせ・ご相談はこちらまで